2018年3月28日水曜日

携帯性重視&たばこカプセル対応 - VapeOnly 『vPen』 レビュー

加熱式たばこの互換ハードがたくさん世に出ていますね。そのジャンルにVapeOnlyが投入したのは、Ploom Techのたばこカプセルが使えるうえに、携帯性の良さをとことん追求したペンタイプのスターター・キット、『vPen』です。
本記事は、日本国内におけるVapeOnlyの正規販売代理店であり、台湾製リキッド「禁菸區(UnSmokeZone)」の取り扱いでもおなじみの、「ベイプオンライン」の提供でお送りします。




製品仕様

製品種別 スターター・キット
外形寸法(実測) 直径:11.5mm/高さ:141.0mm
重量(実測) 33.6g
バッテリー容量 390mAh
出力 8W固定
タンク容量 1.0ml
タンク材質 ガラス
内容物一覧 vPen スターター・キット一式(1.3Ωコイル組込済)
替えドリップチップ
交換コイル×1(1.3Ω)
充電用USBケーブル
取扱説明書
製品保証書


外観




内容品は、コイルとたばこスティック用のドリップチップおよびキャップがセットされた状態の本体と、予備コイル、通常のVAPE用のドリップチップ、充電用USBケーブル、取扱説明書、製品保証書です。外箱側面には「Double Enjoyment」と製品コンセプトをアピールするキャッチコピーが。


取扱説明書にはわかりやすい日本語のページがあり、初めての方でも安心して使うことができます。


分解しました。順番に見ていきます。


キャップです。持ち運ぶ際の衛生面をフォローしつつ、ポケット等に固定できるようにペンのクリップのようなものが付いています。本体の長さがそれなりにあるのでYシャツのポケットには全体は収まりませんが、クリップ部で挟んで固定することは出来そうです。


もちろん、Ploom TECHのたばこカプセルをセットしたまま利用可能となっています。




替えのドリップチップはステンレス製の通常VAPE用、最初にセットされているPOM樹脂のドリップチップが、たばこカプセル用です。


タンク部。コイルを接続する側から、真ん中の穴を避けてリキッドを入れます。



コイルはクリアロ用のものとして一般的な構造。リキッドをコイルへと供給する穴が4箇所ありますが、とても小さいので粘度の高いリキッドには向かないかもしれません。



バッテリー部。底面にLEDと充電用のUSB端子が配置されていて、LEDは使用中や充電中に赤く点灯します。吸引時に自動的に電源が入るオートスイッチ方式のためボタン等はなく、コイルを接続する側の中央にオートスイッチ用の穴が空いているのがわかります。
左右に空いている2つの穴は、吸引時にコイルへ供給される空気の取り込み口です。


使用感


せっかくなのでPloom TECHのたばこカプセルを用意してきて、使ってみます。カプセルはちょうどよくドリップチップに収まるし、使ううえで戸惑うことは一切ありませんでした。カートリッジの代わりにVG・PGのベース液が必要になりますが、普通のVAPE用リキッドで味の変化も楽しめるのは大きなメリットではないでしょうか。
VAPE本体としての傾向、とりわけペンタイプとしては、恐らくはエアフロー構造の差でEleafのiCareコイルよりは味の解像感が高いです。出力が控えめで煙量も少ないことからVGの甘味で味を支えるようなリキッドには向かないかもしれませんが、それ以外では及第点以上の味が出ていると言ってよいと思います。


まとめ


スマートに持ち運べてカラーバリエーションが豊富、少なすぎないバッテリー容量ということで、バランスの良いスターター・キットだと思います。あとはサイズ感も含めて好みで選べばいいのかなと。


▲左からiCare 140、Arcus、Beam、vPen、Malle S。


VapeOnly『vPen』は、ベイプオンラインでお買い求め頂けます。
[ 本店:vPen(ヴィーペン) スターターキット VapeOnly製 ]
[ 楽天市場店:vPen(ヴィーペン) スターターキット VapeOnly製 ]
[ ヤフー店:vPen(ヴィーペン) スターターキット VapeOnly製 ]


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿