2017年6月20日火曜日

ポンプフィードMOD - Newlandecigs 『Terminator』 MOD Kitレビュー

ポンプフィードMODって初めて聞きますよね。そりゃあそうです。私がいま、勝手にそう書いているだけなので。手でボトルを押してリキッドを供給するMODをボトムフィーダーと呼びますが、今回レビューする製品は、モーターポンプでリキッドを自動供給する最先端MODキット、すなわちネタアイテムです。指さして笑って終わるやつ。
本記事は、こんなネタアイテムも扱ってしまう幅広い品揃えが自慢の、VAPE専門通販サイト「Efun.top」からの製品提供でお送りします。




製品仕様

製品種別 ポンプフィード・テクニカルMOD
スターター・キット
外形寸法(実測) 【MOD】幅:35.0mm/奥行き:61.3mm/高さ:90.0mm
【RDA】直径:24.0mm/高さ:28.0mm(ドリップチップ含まず)
重量(実測) 310.37g
対応バッテリーサイズ シングル18650
動作モード VW・VW Curve・Bypass・
TC(Ni・Ti・SS316・TCR M1-M3)・TC Curve
出力 最大75W
デッキタイプ 2ポール4ホール
デュアル及びシングルコイル対応
内容物一覧 Terminator スターター・キット一式
六角ドライバー
予備イモネジ×4
予備Oリング×2
予備ボトルキャップ
プリメイドクラプトンコイル×2
カットコットン
充電用USBケーブル
取扱説明書(日本語なし)

今回は仕様の詳細な部分をかなり割愛しました。真面目に触れても仕方がない為です。本製品のポイントは、
  • 取扱説明書には510スプリングローデッドと記載されているが、実際にはRDAのベースがMODと一体になっており、アトマイザーを交換できない
  • 18650のシングルバッテリーMODなのに3本・4本のMODと同じぐらいの大きさと重さがある
  • ボトルから本体内部のチューブ、ポンプ、RDAのデッキ部分まで、すべて分解不可能で水洗いができない
  • MODのみで設定可能な1秒刻みのカーブモードを備えており、TC時のワッテージ変更も可能と、今どきのテクニカルMODとしては十分な機能を備えている
  • モーターポンプによる電動リキッドチャージというロマンの為に他のすべてを妥協した素晴らしい製品
といった感じです。


外観



箱からしてデカいです。


箱側面にURLが書いてありますが、サイトは存在しません。ドメインは去年の10月に、このMODをデザインなさったKarl Wong氏が個人で取得したようです。作ったあとに消したのか、作らないままフェードアウトしたのか……。たぶん後者ですね。


亜鉛合金のボディにザラっとしたブラックの塗装がされています。ボタンは同じ色に塗られた樹脂製です。写真いちばん左がパフボタンで、その右側の見慣れない小さなボタンはファンクションボタンです。普通のテクニカルMODのパフボタンの、コイルへの通電以外の操作をすべて、このファンクションボタンで行います。
また、本製品のキモであるポンプフィードも、このファンクションボタンで行います。押し続けるとポンプが連続動作し、リキッドがデッキへと供給され続けます。0.5秒程度に短く押すと、5秒間だけポンプが作動して約0.2mlのリキッドがデッキに供給されます。



角張っています。無骨です。底面に内部機構の放熱穴があり、バッテリーとリキッドタンクが収納されている部分のカバーには、リキッド残量が見えるようにスリットが開けられています。しかしスリットが細いのでリキッド残量は見えません。


カバーを外すと、バッテリー収納部とリキッドタンクが横並びに配置されいます。タンク内に伸びているチューブが、通常のBF MODのそれよりも遥かに細いです。


タンク下部にフタが付いており、ここからリキッドを注入します。タンク本体はMODをバラバラに分解しないと取れません。


アトマイザーを見てみましょう。よくあるBF対応のRDAに見えますが、デッキを含めたベース部分がMODにくっついています。


キャップ部分の3面にエアフローの穴が開いており、デュアル・シングルコイルに両対応しています。デッキの状態が見えるようにガラスチューブが組み合わされているので、その厚みに干渉しないようにコイルを設置しなければなりません。トップキャップの直径が24mmですが、デッキスペースの広さは22mmのRDAと同等になります。


ドリップチップは510サイズです。入り口6mm、すぐに一段広がって10mmの内径です。


使用感


シングルでフューズドクラプトンコイルを組んでみました。失敗です。もっとコイル幅を狹くして高さを下げないと味が出ませんね。普通のカンタルワイヤーでデュアルコイルにしたほうがいいと思います。
まぁこの際ビルドとか味とか、どうでもいいですよね。ファンクションボタンを長押しすると、"ブーーーン"という微かなモーターの振動と共に、リキッドがポジティブピン(のように見える中央の穴)から沸き出ます。単純に楽しいです。


分解しまーす

さて、一通り確認したので、使えなくなることも覚悟のうえで分解してみましょう。これこそが今回のレビューの本懐。


上面の六角ネジを抜いたら簡単に天板とアトマイザーベースが外せました。これ見た瞬間、笑っちゃいますよね。BFのポジティブピンに見えていたものはリキッドの出口でしかなく、ベロシティデッキのポールがそれぞれ+と-のリード線と直接ハンダ付けされています。
どうしてここをもっと頑張って、BF対応アトマイザーが使えるように普通の510コネクタにしなかったのか……。最初はそのつもりだった形跡があるので妥協してこうなったのだとは思いますが、ここでこのMODの命運が決まってしまいました。


右上のタンクから伸びたチューブが底部のポンプへ行き、出てきたものが疑似ポジティブピンに挿さっています。


さらに分解して、フレームから中身をすべて取り出しました。モーターですね……そしてポンプですね……だから何だって感じですが分解って楽しいですよね! ね!





まとめ

ポンプフィードというギミックには、「自分でボトルを押したほうが早いじゃん」などというマジレスを無視できるぐらいのロマンを感じます。今は空前のメカニカルスコンカーMODブームですが、その対極に位置するようなこのポンプフィードMODの挑戦、筆者はとても好きです。
普通のBF用510コネクタ採用でタンクが外せたら、大きさも重さも許せたのに……。残念ながらこの仕様ではネタアイテムです。


お買い求めはEfun.topで! というかEfunでしか買えません。$89.99が特価で$26.45というワゴンセール状態です。今ある在庫が無くなったら終了のような気がします。ネタアイテムとしてお一ついかがですか?
[ Efun.top - Terminator 75W TC Tempreture Control Kit ]


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

7 件のコメント:

  1. どうも初めまして。
    貴方はこのシステムに対し、どうやらスコンクの早さだけについて言及し馬鹿にしているようですが、このシステムの売りはそこでは無いと思いますよ。

    まずこのシステムの利点の一つは、容器を外部に露出する必要が無く容器全体を内包でき、硬質物質と軟質物質および色合いのミスマッチ感を無くし、他のスコンカーじゃないMODと同等のデザインを造り上げることが可能な点です。

    あと例えばタキロンシーアイ社のZ12C-29-P13-01型マイクロポンプのようなサイズを採用すれば、レイアウトを考えればiStickPICO程度の小型化も可能ですし、気流センサなどを組み合わせ吐出を電子制御にて管理すれば、吸引と同時に自動供給できるシステムなどその可能性は無限大にあるので、この電動ポンプ供給システム自体は馬鹿にできないと思いますよ。

    返信削除
    返信
    1. ダッチさんこんにちは。コメントありがとうございます。

      私自身、このようなチャレンジ精神溢れる製品が世に出たことについてはワクワクしますし、各所がブラッシュアップされてより良い製品が世に出たらいいなとは思います。
      しかしながら、そうした見方が伝わらず技術的な面においても見識に欠け、ただ製品を貶めているだけの不愉快なレビュー、と受け止められてしまった点については、弁解のしようもありません。申し訳ございませんでした。

      削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. 総じて言えることはネタだ何だと大してその物の良さに関し理解を深めず、端から馬鹿にしていたらいつまで経っても単なる知ったかのままに終わり、それは自ら発信する者の行為としてとても恥ずかしいことですよ。

    ハッキリ言って貴方みたいな中途半端な知識等で調子こいて、勝手に物の評価を騙り発信する知ったかの勘違い野郎には強い憤りを覚えます。

    返信削除
  4. 横からですが…
    僕には貴方がただいちゃもんつけようとしてるだけにみえますよ。
    子供の工作の発表会でもあるまいし、モノの作り手でもない消費者にそこまでの理解を深める必要なんてないです。
    結局のところ貴方のその素晴らしい案は所詮妄想であり、「だからなんだ、だったらそれを早く商品化しろ」って話です。
    必要とされなきゃ売れない・作らない、現状はどうあがいてもクソであるのは事実なので消費者はありのままにそれを評価するだけの話です。
    可能性なんて知ったこっちゃないし、ヲタクの押し付けも大概に。
    そしてそこまで言うならぜひ自分でブログなり設立して自ら発信してみては…?

    返信削除
  5. 初めまして、質問いいですか?
    こいつのボトルの材質ってガラスですかね?
    ガラスじゃないなら仕舞う必要ないし、
    ガラスだとしても今だったらバネポンプ式あるし・・・。
    まぁ、ギミック好きの諸兄にピッタリのオモロMODといったところでしょうか・・・?

    返信削除
  6. VaporFi is the highest quality electronic cigarettes provider on the market.

    返信削除