2017年6月13日火曜日

いいとこ突いてるメカチューブKit - Steelvape 『Sebone Kit』 レビュー

ここ最近、比較的廉価なメカニカルMODのアトマイザー付きキットが各社からリリースされていますね。取り扱いに知識が必要なハイブリッド接続のメカニカルMODですから敷居の高さはありますが、安価に楽しめること自体は喜ばしいことだと思います。というわけで、メカニカルMODキット『Sebone Kit』のレビューです。
本記事は、『Sebone Kit』のメーカー「Steelvape」からの製品提供でお送りします。



【ご注意】メカニカルMODは基板を介さない製品の為、基本的にショート検知や電池の状態に応じた保護などの安全機能が搭載されていません。VAPEの構造と電池に対する十分な知識を持ち、電流・電圧・抵抗の関係、ハイブリッド接続の場合の使用手順、その理由等、理解して安全に運用しなければ、重大な事故につながる恐れがあります。正しい知識を身につけ、安全な使用を心がけましょう。


製品仕様

製品種別 ハイブリッド接続メカニカルMOD
スターター・キット
外形寸法(実測) 直径:24.0mm/高さ:85.0mm(MOD)
120.0mm(MOD+アトマイザー+810ドリップチップ)
123.2mm(MOD+アトマイザー+1110ドリップチップ)
重量(実測) 137.0g(MOD)
59.43g(アトマイザー+810 SSドリップチップ)
50.99g(アトマイザー+810 PEI(ウルテム)ドリップチップ)
52.31g(アトマイザー+1110ドリップチップ)
対応バッテリーサイズ シングル18650
コンタクト部 ハイブリッド接続
デッキタイプ 2ポール2ホール
デュアルコイル向け
ドリップチップ 810 PEI(ウルテム) 、810 SS、1110 SS+レジン
内容物一覧 Sebone Kit一式(Sebone Mod、Sebone RDA)
1100ドリップチップ+トップキャップ
810 PEI(ウルテム)ドリップチップ
イモネジ用六角レンチ
予備イモネジ×2
予備Oリング各種(スイッチ部インシュレーター含む)
Steelvape VAPEバンド
取扱説明書(英語・中国語)


外観



ドリップチップのサイズが異なるトップキャップが2種類、さらに810(ハーフインチ)のほうは標準のSSに加えてPEI(ウルテム)樹脂のドリップチップが付いています。色々遊べそうでワクワクしますね。ガラスパーツが無いのにVAPEバンドも入っているのは、きっとSteelvapeファンに向けたサービスでしょう。ひゃっほう。
ちなみに素材がステンレスと真鍮の2種類、カラーバリエーションとして無垢、赤、黒、緑の4種類があり、合計8種類のラインナップです。今回のレビュー製品はそのうちのステンレス無垢になります。どうせなら着色の質なんかもお見せしたほうが、ということも考えたのですが、ハチマキさんのブログで真鍮の無垢が、燐寸売りのまちゅり。さんのブログで真鍮の赤が紹介されていますので、気になる方はそちらをご参照下さい。VAPEに対する知見としてもお二方のほうが遥かに上ですので、とても参考になります。


取扱説明書の表紙なのですが。英語版には「背骨」と書いてあります。中国語版には「龍の鱗キット」と書いてあります。で、現物は「鯉のぼり」です。まぁ見た目が気に入ればどうでもいい事ですね。


Sebone MOD




スレッド、エングレービング、仕上げ、どれを取っても丁寧な作りです。


取扱説明書に、バッテリーをどっちの向きに入れてもショートしないよ、と書いてありました。アトマイザーのコンタクトピンが出てくるこの部分、バッテリーの角の皮膜の当たる最外周部分が少しだけ、写真の向きでいう手前側に出っ張るかたちで段差がついています。だから大丈夫だよ、ということのようです。
なるほどとは思いましたが、いつもと違うことをすると別の間違いの元になりそうだな、と思う心配性な私は通常通り、ポジティブ(プラス)側を奥にして使います。
なお、チューブの内径的にはバッテリーがカタカタ音をたてない程度の遊びがあります(SONY VTC4使用時の体感)。また、樹脂製のチューブでの絶縁等はされていないので、バッテリーの全面において皮膜破れがないか、毎回確認をしましょう。(これは、樹脂で絶縁されていたり、ギミック上の安全対策が施されているMODでも必要な安全確認です。)


スイッチ部分を分解してみました。スプリング式なので分解とメンテナンスがやりやすくて良いですね。ロック機能はありませんが、スイッチはチューブ側の下辺あたりでバッテリーとの接触が取れて、そこからさらに、やや強めのスプリングを押し込まないと通電しないので、誤って通電してしまうことはほとんどなさそうです。(もちろん使わない時にはバッテリーを抜いておくべきです。)


ここは、Sebone MODのダメなところです。スイッチとバッテリーのネガティブ端子の間でインシュレーターの役割をする太いOリングが、スイッチ部分の金属からほんのわずかにしか出っ張っていません。バッテリーをセットしてスイッチをねじ込んだらもう、スイッチの外周の金属部分とバッテリーの角の部分は接触している状態だと思われます。そのため、もしバッテリー皮膜の角周辺に破れがあった場合は、通電しっぱなしの状態になってしまいます。使う時のバッテリー皮膜のチェックは怠らないようにしましょう。


Sebone RDA


キットのRDAを見てみましょう。まずベースパーツなのですが、ウェルの部分までウロコの模様が刻まれており、チューブとの一体感を生み出しています。また、模様は境目には描かれていないものの、アトマイザーを最後まで締め込んだ状態で綺麗に縦が揃います(個体差だったらゴメンナサイ)。


ポジティブピンは、セットのRDAですから当然のことですがしっかりと出っ張っています。


底面。ポジティブピンはポジティブポスト、+ネジはネガティブポストの固定を担っており、ポジティブピンの調整は出来ません。


デッキは2ポール2ホールでエアフローがデュアルコイル前提、しかも全開のみなので、このRDA自体がデュアルコイル専用といえます。存在感のある金メッキのポールはワイヤーホールのサイズも横4.5mm高さ3.0mmというビッグサイズ。24mmの中でほぼ両端に配置されているのでポール間が6.0mmも空いており、何も外さずに真上からドボドボとリキッド補充が行えます。ウェルの深さは8.2mmでした。


真上からコイル足を締めつけるイモネジはこれまた大きな、対辺2.5mmの六角です。


お次は2種類あるトップキャップです。これは810用で、SSかPEI(ウルテム)のドリップチップを使い分けられます。PEIが10mmから14mmに一段で広がっており、SSは10mmから15mmへとテーパー状に広がっています。


内側には特殊な構造は見られません。


ここは注目ポイントです。全開のみのエアーの入り口ですが、斜め上方向に角度がついており、やや上げ気味かつ外周部に寄せすぎないコイル位置で、ちょうど斜め下にエアーが当たるようになっています。ミスト運びのスムーズさと、キャップ部分でのショート回避を同時に実現した素晴らしい設計だと思います。勝手な想像ですが。


続いて1110ドリップチップ用です。そんな規格というかなんとなく皆が守ってるサイズがあるのを私は知りませんでしたが、取扱説明書にそう書いてあるのでドヤ顔で続けます。1110サイズです。ドリップチップ側がトップキャップ側の構造と一部一体化していて、内径14mmストレートのSSの外側がリング状のレジンになっています。色は恐らくランダムですね。


内側は滑らかに絞られています。エアフローの斜め設計は810のトップキャップと同様です。


1110用トップキャップのほうが3mmほど長くなります。


使用感


Kanthal A1 24g、内径3mmで11巻きしてデュアルコイルの0.5Ω。最初にコイルが温まるまでは立ち上がりに時間がかりますが、そこさえ慣れればおいしく(比較的)安全にモクモクで楽しめるお気に入りセッティングです。




はい、おいしいです。ドロースカスカ煙量多めのワイドボアに特化した構造ではありますが、斜めエアフローを意識したビルドで安定した味が出せます。
2ポール2ホールのデッキにデュアルコイルを組むのが苦手、という方もいらっしゃると思いますが、慣れでどうにでもなるレベルだと思いますし、慣れるまでの時間を掛ける価値が、このキットにはあると筆者は感じました。


フィッティング


1110。


810。


SS無垢だと、他の24mmなSSアトマイザーとも違和感無く組み合わせられます。もちろん他の素材・カラーでも良い組み合わせは出来そうです。


まとめ




筆者の手元には同ランクの製品として他にGeekvapeのKarma KitとCoilArtのMage Mech Tricker kitがありますが、1万円以内で買えるメカニカルなチューブMODの中で、品質、使いやすさ、味、見た目の楽しさ、内容物の充実度、全てにおいてこの『Sebone Kit』は、頭一つ抜きんでている思います。
勘違いジャパニーズカルチャーっぽい名前はこの際見なかったことにして、鯉のぼりMOD、一本どうですか?


最後にメーカー公式のURLと、国内店舗で取り扱いをアナウンスしているショップを紹介しておきます。調べれば海外通販でも取り扱いがありますが、ハイブリッド接続のメカニカルMODについて知識が十分でない方は、実店舗でよく説明を受けてお買い求めになられることを強くオススメします。
[ Steelvape公式 - Sebone Kit ]
[ 電子タバコ専門店VAPEKING ]
[ VAPE SHOP「Mr.VAPE」 ]


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿