2017年4月3日月曜日

小さくてシンプルなRDTA - Geekvape 『Medusa』

背が低い、パーツ点数が少ない、リキッド注入が楽、というRDTAのレビューです。25mmで、リキッド残量が外から見えない、というクセも持ちあわせていますが、それも含めてGeekvapeらしい製品です。
本記事は、老舗のVAPE専門通販サイト「Heaven Gifts」からの製品提供でお送りします。なお、現在HeavenGiftsでは、以前当ブログでもレビューをしたGeekVape 『Ammit』のデュアルコイル版であり、注目の新製品、GeekVape 『Ammit RTA Dual Coil Version』をプレオーダー(予約)受付中とのことです。




製品仕様

製品種別 RDTA
外形寸法(実測) 高さ:25.5mm(ドリップチップ、510コンタクト部を除く)
直径:25mm
重量(実測) 39.5g
タンク容量 3.0ml
デッキタイプ 2ポール4ホール(ベロシティ)
デュアルコイル向け
コンタクト 510
調整不可能
ドリップチップ 専用ワイドボア(内径510互換)
内容物一覧 Medusa RDTA本体一式
予備ネジ×4
予備Oリング各種
工具
取扱説明書(日本語なし)


外観



開けました。タンクが金属の為に予備ガラスがなく、少ないパーツ点数であることが製品コンセプトの一つでもあるので、とってもシンプルです。
ドリップチップ、トップキャップ、エアフロー・コントロール・リング、ベース+デッキ、というパーツ構成。分解不可能なベース部分にリキッドを保持します。



ワイドボアで背がかなり低いドリップチップ。すいません、素材は不明ですがデルリンかウルテムかな? このサイズでも唇が熱くならないような構造をしていますが、内径が510規格と同一のため、一般的なドリップチップを差し込んで使うことも可能です。


トップキャップの内側には、ロスの少ないミスト運びを実現するドーム加工がなされています。サイドエアフローとして約11mmの穴が2面に設けられています。


エアフロー・コントロール・リングは幅4.6mmのスリットが2つ並んでいます。このパーツの下側は内側に厚みがあり、窪みも見えますが……。


外側の▲印をデッキのポール横に合わせてベースに差し込み、エアフローとして機能する位置まで回すと、ロックされて上に抜けなくなります。そして厚みの部分がデッキの外周の隙間を埋めて、ベースのリキッド保持部分をふさぐフタの役目を担うわけです。残った4箇所の穴はコットン・ホールです。
パーツ点数の少なさと併せて実によく考えて作られており、感心させられます。


ワイヤーホールの大きめなベロシティ・デッキです。


ポジティブピンはしっかりと出ていますが、デッキのポジティブ側ポールの固定を兼ねている為、調整は出来ません。


ワイヤーを固定するイモネジが綺麗に焼き入れされていますが、なんだかコダワリがあるみたいです。ごめんなさい、私には理解できませんでしたが、"Hardness of SS316 set screws at 55-58HRC by 1200 Nitrogen surface treatment." とパッケージ裏に書いてありました。すごーい!


使用感


自作のFused claptonワイヤーでビルドしてみました。言うまでもなくビルドは楽ですね。この、ベースだけの状態でRDAにドリップするかのようにリキッドを注入して……、


AFCリングをかぶせると、こうなります。


サイドエアフローのデュアルコイルらしい味が出ますね。リキッド残量が外側からでは見えないのは、味も含めてほぼRDAだと思えば、瑣末なことのような気がします。写真ではコイル周辺に無駄なスペースがあるように見えますが、トップキャップが内側にはまるので、これでもかなりコイルをエアフローの入り口に近づけています。


まとめ


25mm径ながら背が低めのRDTA、見た目と機能の組み合わせが絶妙だと思います。テクニカルMODよりは、メカニカルチューブMODのほうが合わせやすいかもしれませんね。

ご購入はHeaven Giftsで、と一応言っておきます!
[ Heaven Gifts - GeekVape Medusa RDTA ]


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。