2016年7月22日金曜日

道具は大事って話

よく、「全部100均で揃うよ」などと言われている、コイルのビルド道具。もちろん、とりあえず揃える、手軽に始める、ということも大事なことだとは思うのですが、実は、それぞれ特長を持ったヤツを持っておくと、日々のビルドが楽に手早く出来るようになり、得した気分になります。そんなわけで今日は、私が普段使っている道具を紹介していきます。




L-PiN by GRAM


Nexmokeさんで購入しました。写真右上がその商品です。デニム地のケースに入った、L字状のコイルジグなのですが、これは巻く為のものではなく、巻いたあとのコイルをデッキに設置する時に通しておいたり、狭いデッキのコイルを成形する時などに使います。
同径が2本ずつの組になっているので、写真のようにデュアルで組む時に両方のコイルに通して作業をすれば、片手でジグを2本とも押さえ、楽にコイルを固定しつつ作業ができます。精密ドライバーでも同じことが出来ますが、大きいし重いんですよね。その点『L-PiN』は軽くて適度な長さなので、位置をキープするのが楽になり、コイルの足を留めるほうに意識を集中できます。

Cthulhu MOD Cthulhu Coil Jig Pro


VAPECHKさんで購入しました。添付の万力でコイルジグ本体をがっちり固定でき、ワイヤーの端をネジでしっかりホールドしてコイルを巻けるように設計されています。
しっかりテンションをかけて巻かないと綺麗にまとまらない、ツイストワイヤーやクラプトンワイヤーを巻く為に作られたと言ってもよいでしょう。もちろんワイヤーホールも十分な太さです。
難点は、しっかりした構造と余裕のあるサイズ感のせいで、コイルの足が気持ち長めになってしまうところです。比較的お値段の張るクラプトンワイヤーですから、自作する環境がなく購入して使っている方にとってはデメリットに感じるかもしれません。

ソフトタッチ・プライヤー


Amazonさんで購入しました。ようはペンチなのですが、挟む部分が樹脂になっているので傷がつきにくい、というペンチです。VAPEをしていると、色々なものが固くて開かないとか、キツくて外れない、という状態になりますよね。そんな時、金属の表面に傷を付けずに使えるこのペンチが大活躍します。
ただしこの先端がまっすぐになっているプライヤーの場合、表面が滑りやすい為に、接点が小さくなる丸いものを掴むのには向いていません。アトマイザー外し等の用途には、最近よく見かけるアトマイザー外し機能付きセラミックピンセットのほうが100倍便利です。
※先端がカーブになっているソフトタッチ・プライヤーもあります

飛散防止機能付きニッパー


Amazonさんで購入しました。刃先にある針金状の部品が、カット後のワイヤーを挟み込んでホールドしてくれるので、切り落としたワイヤーの端が飛んで行きません。
ニッパーに磁石をつけておけば飛んで行かないよ、という豆知識も見かけましたが、私がメインで使っているワイヤーが磁性のないステンレスなので、このニッパーを常用しています。
そこらじゅうに部材の切れ端が転がっていて土足で歩き回れる作業場や工場ならいざ知らず、自宅の床にワイヤーの切れ端が落ちていると素足で踏んでしまった時にとっっっっても痛いです。小さなお子様がいらっしゃるご家庭の場合はもっとシビアです(ウチがそうです)。
これがあるだけで、カットする際にワイヤーに手を添える必要がなくなります。片手でぶっきらぼうにチョッキンするだけでよくなります。自分的買ってよかったビルドツールのNo.1です。
ニッパーに関しては、良いものを買ったほうが切れ味が良いとか、切断面がフラットになるものが良い、などという別の要素もありますが、こいつはそれらの要件も満たしているのでオススメです。やや華奢で小さめサイズなので、太いワイヤーを切る時だけ別なものを用意したほうがいいかも、というぐらいですね。

以上、あると嬉しい道具の紹介でした。


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿