2016年5月18日水曜日

ナローなクラプトンにしてくれ

[ 前回の記事 ] もご参照下さい。
クラプトンワイヤー、巻いてますか? ちっちゃいアトマイザーにも使いたくて、細いやつを作りたくなりませんか? 私は作りたくなりました。買えるなら買ったほうがいいんですけどね。
そんなわけでれっつとらい。



伝わりにくい写真でスイマセン。文字は小さいし全然ナローじゃないけど修正や追記は面倒くさいのでやりません! 海外から届く予定のSS316L 32gaの到着を首を長くして待っているところです。
芯になるほうのワイヤーが細い場合、前回の記事のやり方ではフニャフニャであるが故にうまくいきません。何らかの方法で先端側を固定し、かつドライバーの回転に合わせて自由に回るようにする必要があります。
参考にしたのは [ コチラ ] の動画です。



要するに磁石とか、スイーベル状のもので固定すればいいわけですね。固定する力が弱いと重力に負けてしまって巻けません。逆に強いと、電動ドライバードリルの回転に合わせて回ることができず、芯のワイヤーがひねられ続けた結果、手元側で丸まってしまったり、ねじ切れてしまったりして失敗します。

用意したもの

例によってダイソーさんで調達!
  • サルカン

    釣り具らしいです。回転するタイプ。キーホルダーを分解して回るところだけ使ってもいいのですが、なるべく軽くしたいな、と思っていたところコレを発見。
  • 磁石

    コレは不要だったかもしれません。
  • 磁石2

    プラスチック部分に横穴を開けられそう、と思って調達。前述の海外の動画で、ネジを使ってぶっきらぼうに固定しているギミックをスマートに実現出来そう。
  • ドリルビット

    穴開け用。

いざ実践

万力(これも100均などで簡単に手に入ります)に芯にするワイヤーの端を固定しましょう。

 

磁石を重ねて繋げてある部分にはあまり意味がなさそうでした。回ってくれなかったので。穴を開けたマグネットと、2連にしたサルカンはワイヤーの切れ端で結束してあります。これを、反対側のドリルから引っ張りすぎず、たるませすぎず、という加減で張りつつ、きちんと廻ってくれるように様子を見ながら巻いていきます。
今回の動画は、編集が面倒になっちゃったので手抜き。ちゃんと磁力だけで端を保持しつつ、高速回転している様子を録画したものです。マグネット部分しか廻っていないように見えるので、サルカンは不要かもしれません。




電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿