2016年3月19日土曜日

沼へ(3)

aspire製『Nautilus Mini』と『CF VV+』で楽しく禁煙生活を送り、一週間ほど経ったある日。

電子タバコ界隈のコミュニティでたいへん有名な“Japan Vape TV”の動画を観ていました。
↓コレなんですが……

電子タバコを始めてみよう~VAPE選び~2016 Ver

動画中、5分あたりのところで実演されている「爆煙」というものを初めて目の当たりにして、即ポチっていました(笑)。


この時点で、VAPEという深遠で強大な沼に両足・膝下まで漬かっていましたね。

開始からちょうど一カ月で本体を3セット買ってるんですよ。3本一気に吸ったりするわけじゃないのに。最初の貧弱なのは処分、『Nautilus Mini』1.8Ωでチビチビ、『iSub G』0.5Ωでモクモク、 同じリキッドでも味が全然違うので試行錯誤するのがとても楽しい!

「タバコをやめてVAPEに完全移行したらランニングコストがこれぐらいに下がるからすごくお得で~」なんて計算をしていたはずなんですが、どうして こうなったんでしょうね。本体を連続購入してたら「これはイニシャルコストだから。長く使えるし!」なんて言い訳は効かないし、リキッドをあれこれ買い漁りすぎて、ランニングコストも膨れ上がるいっぽう。
減額どころかタバコの数倍はお金をかけてます。

でも後悔はありません。
タールを口から吐き、ヤニを身にまとって、ニコチンでラリってるよりマシです。
って言えば免罪符になりますか?


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿