2017年9月4日月曜日

Ploom TECHのたばこカプセル対応! - ベプログ 『電子タバコデビューキット』 レビュー

Ploom TECH(プルーム・テック)の「たばこカプセル」が使えて、VAPEとしても楽しめるオリジナルセットのレビューです。


本記事は、VAPE専門クチコミサイト「ベプログショップ」からの製品提供でお送りします。


外観



『電子タバコデビューキット』の内容は盛りだくさん。メインとなるのはeleaf製のiCare 140。VAPEとしてはオールインワン(AIO・これ一台とリキッドがあればVAPEを始められる)のスターター・キットに類される、スリム&コンパクトかつ簡単操作の本体です。
※「たばこカプセル」は付属していませんので、別途購入して下さい。


これがこのキットの要、プルームテックのたばこカプセルがぴったり挿せる、ドリップチップです。ドリップチップとはVAPE本体の構成要素のうち、吸い口にあたる部分で、iCare 140に同梱のドリップチップをこれと交換することで加熱式タバコの本体として使用します。


セットに含まれるVAPEリキッドは、KAMIKAZE E-Juiceの「スーパーハードメンソール」か「アールブル」、どちらかを選べます(どちらも15mlボトル)。VAPE初心者の方向けに間違いの無いチョイスです。


ゼリー飲料のようなパウチに入ってるのはファンタジー社のVG(グリセリン)とPG(プロピレングリコール)の混合液です。これは一般的なVAPEリキッドの主成分であり、俗にベース液とも呼ばれます。これに様々な香料で着香したものがVAPEリキッドです。たばこカプセルを使用する時はこのベース液を、本体のリキッドタンクに入れて使用します。


これはただのキャリングポーチ……と思いきや、中にはユニコーンボトル1本と、USBのAC/DCアダプターが入っていました。ユニコーンボトルはベース液を取り分けて入れておくことで使いやすくするスグレモノ、アダプターはiCare 140に付属の充電用ケーブルと併せて使えます。本当にあと必要なのはたばこカプセルだけ。死角なし!


使用感


このキット用に丁寧な説明書が付いているので、初めてのVAPEで、通販で購入なさっても、迷うことはなさそうです。とはいえそんなに難しいことでもなく、


本体を充電して、


コイルを取り付け、ベース液を入れて、


ドリップチップを付け替えて、たばこカプセルを挿入。


あとは電源を入れて吸うだけです。


必要なもの一式を専用ポーチに入れて、コンパクトに持ち運ぶことができます。


まとめ

使ってみた感想なのですが、1年半ほど前にVAPEを始め、開始3日でニコチンのことを忘れてしまった自分には、「カラい! 口の中から喉までピリピリする!」という所感しか述べられません。これでは何の参考にもならないので、二人の方に試してもらって感想を聞きました。

【体験者1:タバコとiQOSを併用している現役喫煙者】
「プルームテックは前に試したけど、吸い応えがなくてやめちゃった。これはかなり吸った感じがしていいね。」
同じたばこカプセルを使っているのに吸い応えに差を感じたのは恐らく、ドローの重さの差から生じたものだと思われます。ドローの重さとは吸引時の抵抗感であり、空気の取り込み口の大きさや内部構造に依存します。プルームテックの評判としてドローが軽いという意見を目にすることがありますが、本キットのiCare 140はそれよりも重く、それが良い効果を生み出しているのでしょう。

【体験者2:ニコチン添加のVAPEも併用している現役喫煙者】
「iQOSのような独特の匂いがなくて吸いやすい。いいかも。」
これは完全に「ニコチン摂取機」としての感想ですね。

ぶっちゃけ、この

「たばこカプセルが使えるドリップチップ」だけあれば、VAPEユーザーなら事足ります。それでも、¥4,980(税込)で一式揃っていることをメリットと感じる方も多いのではないでしょうか。
もちろん一番の購買層として想定されている“加熱式タバコユーザーで、VAPEも試してみたい方”には、親切さも込みでオススメできるオリジナルセットだと思います。人気のせいでプルームテック本体を買えない、という方も現時点では多いことと思いますが、これがあれば本体はいらないわけですから。



軽量でコンパクトなサブ機としても、よくまとまった組み合わせじゃないですか?


ベプログショップにて購入可能です。
[ ベプログ - 電子タバコデビューキット ]


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿