2017年4月6日木曜日

クラウドをチェイスしたい方へ - CIGPET 『ECO』 RDA

色々出来るデッキに、色々出来るエアフロー・コントロール。爆煙寄りで様々なビルドを試せるRDA、CIGPET 『ECO』 RDAのレビューです。
本記事は、老舗のVAPE専門通販サイト「Heaven Gifts」からの製品提供でお送りします。




製品仕様

製品種別 RDA
外形寸法(実測) 高さ:29.2mm(ドリップチップ、510コンタクト部を除く)
直径:24mm
重量(実測) 54g
デッキタイプ 2ポール4ホール(ベロシティもどき)
デュアルコイル向け
コンタクト 510
調整不可能
ドリップチップ 専用ワイドボア(レジン製・ランダムカラー)
内容物一覧 ECO RDA本体一式
予備ネジ×6
予備Oリング各種
プラスドライバー
プリメイドClaptonコイル×2
オーガニックコットン少量


外観



聞き慣れないブランド名ですが、外装はしっかりとしています。パーツ同士のクリアランスも問題なく、エアフロー・コントロールを行う部分は硬すぎず、柔らかすぎずヌルヌルと廻ってくれます。


左上から、ドリップチップ、トップキャップ、メタルスリーブ、デッキ&ベース、エアフロー・コントロール・リングです(メーカー公式にある図の名称をそのまま引用)。エアフローが2系統あり、トップキャップがサイドのエアフローを調整するパーツで、一番下のリングがボトム・エアフローの調整リングになります。


ドリップチップは専用のワイドボア仕様。内径が底部8.9mmから上部14.5mmへと広がっています。アトマイザーの熱が伝わりにくいレジン製で、マーブル模様はランダムです。


トップキャップはサイドエアフローの調整を担うパーツです。素手で回しやすい形状に加工されています。


サイドエアフローの出口。内側はロスの少ないミスト運びを目的として、ドーム状に加工されています。これ毎回のように書いてますね、と思いながら毎回書いています。


デッキのポール形状が見慣れない感じになっていますね。上側の穴が横に広く、上から締めるネジが2つあります。ワイヤーのボリュームやコイルの幅、コイルの数、エアフローをどう使うかによって、様々なコイル設置方法に対応しています。色々なビルドを試してみることを楽しいと思える方なら、ワクワクするポイントではないでしょうか。


ボトム・エアフローの調整パーツはOリングで締まっているだけで、ベースから下にスポッと抜けます。トップキャップと同様に、手で回しやすいように形状が工夫されています。


中央のポジティブピンはデッキのポールの固定を兼ねている為、出っ張り方の調整が出来ません。ただし締め込んだ状態でかなり出っ張っているので、ハイブリッド接続のメカニカルチューブMODでの使用も問題ありません(※個体差がある可能性もありますのでご自身での確認と判断は必須です)。これも毎回のように書いてますね。毎回書きますけどね。
もう一つ底面にあるプラスネジは、ネガティブ側のポールを固定しているネジです。細かく分解して隅々まで洗いたい方には嬉しい設計。


使用感



自由度が高いといっても、ベースの設計が爆煙向けであることは疑う余地がありません。というわけで24ゲージに28ゲージを巻きつけたクラプトンワイヤーを、内径3ミリでコイルにして設置してみました(低抵抗のためもちろんテクニカルMODでの運用です)。
エアフローはボトムを全開、サイドを半分程度開けて、モックモクにして吸ってみました。十分なエアー量を確保すればスピットバックも無く、煙量で攻める吸い方を満喫できます。
フューズドクラプトンやエイリアンクラプトン等、最近流行りのクランプ固定式デッキで主に運用されているような幅広のワイヤーも設置できますし、その場合はサイド・エアフローだけにしてみたり、本当に色々遊べそうです。


何も外さず、ぶっきらぼうに上からリキッドを垂らして補充するスタイルで使えます。


まとめ

今更ですがCIGPETはIJOYの子ブランドみたいですね。24ミリでワイドボア、という点がお持ちの環境と好みに合致するならば、色々遊べて良いRDAだと思います。


ご購入はHeaven Giftsで、と一応言っておきます!
[ Heaven Gifts - CIGPET ECO RDA ]


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿