2016年9月1日木曜日

サイクロンエアフロー? - Steam Crave 『Aromamizer V-RDA』

アトマイザーのレビューです。今回は、独特なエアフロー構造のRDA、Steam Craveの『Aromamizer V-RDA』をご紹介。竜巻エアフロー、25mm径、BFピン付属が主な特徴です。興味ない人は回れ右!


中国のガジェット通販サイト、GearBestさんより製品を提供して頂きました。
1枚目の写真があまりにも不格好でごめんなさい。26650のMODを持っていたらそれに載せたんですけどね、無いんです。

製品仕様

製品種別 Rebuildable dripping atomizer
外形寸法 高さ:47.5mm(専用ドリップチップ、510コンタクト部を含む)
直径:25mm
重量 50g
デッキタイプ 2ポール・ベロシティデッキ
デュアルコイル専用
コンタクト 510
調整可能
ドリップチップ 専用ワイドボア・ドリップチップ付属
510アダプタ付属(スピットバック防止機構付き)
特記事項 Bottom feeder用コンタクトピン付属
このアトマイザーは直径25mmです。22mm径のアトマイザーだけを利用することが前提のMOD(iStick PICO等)には、そのままでは接続出来ません

外観



フタにマグネットが入っており、パカパカします。思わず無意味にパカパカしたくなる箱です。


本体、予備のバレル、510ドリップチップ用アダプタ、六角レンチ、予備のOリングとイモネジ、オプションのBF用ポジティブピン、取扱説明書、ステッカーが入っています。


RDAなのにパーツ数が多く、ガラスチューブの付いたタンクアトマイザーに見えますが、れっきとしたRDAです。使用時は2枚目の写真のように、至って普通のデッキとキャップの2ピース構成になります。
上から順に見ていくと、ワイドボアな専用ドリップチップor510用アダプタ(スピットバック防止機構付き)、エアフロー・コントロール・リング、トップパーツ、ガラス製バレルorスチール製バレル、サイクロン・インサート、ボトムパーツ、デッキ、です。


トップパーツとボトムパーツで上下から、内側のサイクロン・インサートと外側のバレルを挟み込んでいます。エアフロー・コントロール・リングを好みの広さに開けて上部から取り入れられた空気は、らせん状の外周部に沿って進み、デッキ下部に送り出されます。


送り出された後が、特にコイルに向けて導線が確保されているとかでなく、外周全体に放り出しっぱなしに見えて、これで味がちゃんと出るのかと不安になりますね。一応、デッキ内に放り出される空気の高さとしては普通にコイルを設置した場合、およそコイル下部の辺りになりそうです。また、上部は外側から見てガラス製バレルの上端から2、3mm下の辺りが、ドーム状に絞られたトップパーツの最上部(=ドリップチップの入り口の高さ)になります。
アトマイザーの大きさの大半がサイクロン・エアフロー機構の為に確保されている作りなので、デッキ内の容積は一般的な22mm径のRDAと同等です。

デッキ構造



ビルドしやすいベロシティ・タイプの2ポールです。太いワイヤーも余裕のワイヤー・ホール径。イモネジも含めて加工精度が高く丁寧な作りなので、逆に細いワイヤーを使った場合でも抜けたり切れたりしにくいです。
コンタクトピンは、ポジティブ・ポールの固定とは別のスレッドになっており、調整可能です。
付属のBFピンは供給穴がかなり大きく、補充しやすい作りになっています。ただし、デッキ内の出口とウェルに段差がある為、過剰供給になった場合でもボトルには戻ってくれません。

エアフロー・コントロール


トップパーツにスレッドで固定されているリングの締め具合で、空気の流入量を調整します。写真1枚目が全開(というより全撤去)、2枚目が全閉です。全開はほぼ抵抗感ゼロで、全閉は吸えません。とてもコントロール可能な範囲が広いのですが、外周全体が穴になっているので、好みの重さにするにはミリ単位の調整が必要となります。


真面目な全開状態が1枚目、重すぎず、適度な抵抗感となるのが2枚目。全閉からほんのわずかに開けた程度です。

ドリップチップ


ドリップチップ(または510アダプタ)はOリングのみでトップパーツに固定されます。ワイドボアの付属ドリップチップは、内側がすり鉢状になっており下部の内径が絞られています。付属ドリップチップを使用する場合は、デッキ構造上、ドリップチップを外さずにそのまま上からドボドボとリキッドをチャージできます。
510アダプタは下部が塞がっていてスピットバックを完全に防御し、ミストの取り込みは横からとなります。


内側から見ると理論上はクルクルと立ち上ってきたミストが、ドームのカーブに沿って流れ、一番上に達した時に横方向のスリットからスムーズに出て行くように見えます。2枚目は付属のワイドボア時、ミストのロスを少なくするべくフラットになっています。

ビルドしてみます


さて、このサイクロンというよりドリル的な、機構の下側が外周すべてスリットの空気穴に対してどうビルドをすればよいのでしょうか。
とりあえず、なるべく広範囲でリキッドを蒸発させてみようと思い、SS316Lの26awgを2.5mm径で16巻きしてデュアルコイルを設置してみました。



35Wで、やや開き気味のエアフローにして吸ってみます……。



はい、煙量はかなりあります。「爆煙」っていう単語、なんだか安っぽくて好きではないのですが、爆煙です。セッティングそのままのミスト量。
リキッドの味の出方については、構造を見て正直なところ期待していませんでした。が、さほど悪くはありません。特別濃厚に味が出るわけではありませんが、なんの味もしない、なんてこともありません。
何より特筆すべきはミストの感触です。今までVAPE関連の売り文句やレビューで何度か「シルキーなミスト」という単語を目にしてきましたが、何のことだかサッパリわかりませんでした。聞こえの良いキャッチコピーを置いてみただけじゃないのかな、ぐらいの気持ちで見ていました。炊き方次第で荒い細かいはありますが、シルキーって何だよと。
お詫びします。
「シルキーなミストはありまぁす!」
しかもビルドに左右されず、自身でシルキーなミストを生んでくれるアトマイザーがここにありました! らせん状のすき間を通ってデッキ内に到達した空気によって攪拌されているゆえんか、言う通りまさしくシルキーなミストが一斉になだれ込んできます。V-RDAなんていう斜に構えた製品名じゃなくて、「シルキーさん」とかにすれば良かったんじゃないかなと思います。
こうなると、味重視のビルドでもシルキーなミストを味わってみたくなり、実践してみました。


クラプトンコイルをど真ん中に設置し、限界まで上に上げます。



はい、1Ω以上のシングルコイルでシルキーかつ味の濃いミストを味わうことが出来ました。供給が心配になるぐらいコットンが長くなってしまいましたが、RDAなので実用上の問題はありません。もう一つ気づいたことがありまして、アトマイザーの外側をまんべんなく吸気が巡っていくので、非常に熱をもちにくいです。優秀な空冷システムになっています。
なお、スピットバック防止機構付きの510なドリップチップアダプタは使ってはいけません。ミストの細やかさも、味も、すべての良さをあの構造が台無しにしてくれます。どうしても別のドリップチップを使いたい場合は、アダプタの件の部分をまるっと削るべきだと思います。



そんなわけで……
  • 25mm径どんとこい!
  • ドリル大好き
  • シルキーなミストって何だよルー大柴かよ
以上が当てはまる方、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。ご購入は↓
[ GearBest - Aromamizer V-RDA ]
他でも扱っているとは思いますがメーカー直販よりGearBestさんのほうが安いです。


シングルで味重視ビルドの出来るBFアトマイザーが欲しかったので、私はこうやって使っています。ピンの穴がデカいのはコンタクト裏やボトル廻りでの漏れにくさにも影響しているような気がして、採用しました。


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

4 件のコメント:

  1. 通りすがり2016年9月3日 16:48

    私もこれを買いました
    個人的にはSUPERHEROの方がよりシルキーでしたがspilit attyよりは濃かったです
    味はビルド次第なのかな

    個人的にはジュルジュルしないのが気に入りました

    BF用途にはとても良いですねー
    値段的にも魅力です

    返信削除
  2. コメントありがとうございまーす。
    エアフローがリキッドのいるところと一切干渉していないので確かにジュルりは無いですねー。
    SUPERHEROは手元にあるんですがまだ使っていないんです、BF MODがあるので、買ってはみたものの使う意義がないように感じてw ちょっと試してみます!

    返信削除
  3. 通りすがり2016年9月3日 20:52

    あれはどうもTCがうまく動かないんですが(BF部分の周りを囲っている通電部分が熱くなってどうやら抵抗が出てきて加熱が安定しない)0.2~0.5ΩにVWで30~40Wくらいかけると大変良い感じで…
    デッキは組みやすいですよビルド適当でも同じように味が出ますんで
    コイルはエアフロー直下,全開直肺で吸うのがおすすめです
    Smoantとの相性が良すぎて持ち出しはそれ以外しなくなりました

    返信削除
    返信
    1. Oh...
      利用シーンまで考えていませんでしたが持ち出すにはステルスMODが欲しくなりますねw

      削除