2016年4月25日月曜日

常用リキッドのレシピ(基本)

VAPEに夢中になっているうちに煙草のこともニコチンのことも綺麗さっぱり忘れた私が、普段ちまちま吸っている自作リキッドのレシピ。

おさらい

用意するもの:

つくりかた

  • 飽和メンソール液を作ります。空き容器にメントール結晶を入れ、その重量に対して半分のプロピレングリコールを投入。メントール結晶にひたひたのPG、みたいな感じになって、とても溶けるとは思えないでしょうが、溶けます。慌てず騒がず密閉して一日置いて下さい。頑張ってシェイクする必要もありません。まずは私を信じて一日放置プレイをしましょう。ごく少量ずつ使うことになるので、溶けたら使用済みの空きリキッド容器に移し替えながら使うと良いと思います。
    ※水やお湯、無水エタノールを使えば素早く溶けますが、オススメしません。
  • あとは一定比率で混ぜるだけ……私は量りで重さ(グラム)を基準にやっています。スポイトやシリンジでちまちまやるよりも、TARE機能で容器や途中経過の重量を0にリセットしなから少しずつ入れるほうが楽。

レシピ

  • 植物性グリセリン(VG):48%
  • プロピレングリコール(PG):45%
  • 飽和メンソール液:2%
  • T&Mスペアーミントフレーバー:5%
※バカ味覚の為レシピ修正しています(2016/08/22)

私はコレを、Nautilus mini(1.8Ω)でチマチマ吸っています。口吸いですね。最初っから最後まで強めのメンソール感、後味ほんのりグリーンガム風味。VGの甘みは鼻から吐いた時にわずかに感じる程度です。メンソール煙草の代替としてペンタイプで吸うのに適していると勝手に思っています(笑)。RDAやサブオームでは、メンソールがキツすぎてむせました。
最初はスペアミント無しでしたが味気なかったので行き着いたこのレシピ、飽きも来なくてたいへん満足しています。

圧倒的な低コスト

製造原価ですが、30gの材料コストが約105円です(掲載している材料の売価を元に計算)。T&Mのスペアーミントフレーバー、100mlを購入したのですが使い切れる気がしません。
初期投資は市販品のリキッド数本ぶんかかりますが、常用リキッドを求めて買い漁る「リキッド沼」にハマることに比べたら、コストパフォーマンスは圧倒的に優れています。普段こいつでモクモクしていたら不満は無いのですから、精神的に余裕をもって市販品のリキッドを物色できますよ!

※リキッド用フレーバーを買い漁るという、別の沼にハマることになっても私は責任を負いませんのであしからず


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

1 件のコメント:

  1. とても解りやすい
    年末からはまる予定です
    またおじゃまします

    返信削除