2016年3月13日日曜日

沼へ(2)

VAPEを始めて3週間が経過した頃、『NOSMO』のアトマイザーの代わりが欲しくなりました。樹脂製のタンク部分が変質し、見た目にヤバそうな感じになってしまった為です。
本体と同じメーカーが幾つかリキッドも販売していましたが、ランニングコストの心配や、様々な味への興味から、他メーカーのリキッドを色々と試していたのが原因だと思われます。

メンソールと柑橘系のリキッドを中心に、自分に合うリキッド探しをしていたので、ガラス製のタンクを採用したアトマイザーが必須となります。
自分なりに調べた結果、『Aspire』というメーカーさんの『Nautilus Mini』というアトマイザーが良さそうだな、という結論に達しました。



Webを読み漁って、中途半端ながらも知識が付いてしまったので、ここでふと思うわけです。
「アトマイザー単体でこの出費をするぐらいなら、いっそスターター・キットを買っちゃったほうが、もっと楽しいVAPEライフが待っているのでは?」と。

結局、アトマイザー単体ではなく、『Nautilus Mini』とバッテリーその他がセットになっている、こちらのスターター・キットを購入しました。



『NOSMO』は、バッテリー部分だけなら掌にスッポリ収まるサイズでしたが、コレは握った掌からまるごと半分近く露出します。鉄の棒です。鈍器のようなものです。
最初は「デカいなぁ」と思いました。短い鉄の棒みたいなものを持ち歩いて、口元に持っていく姿を人に見られるのって、とても恥ずかしいことのような気がしました。
でも、すぐにどうでもよくなりました。それだけVAPEとしての性能(煙の量や吸い心地)に差があるんです。同じリキッドを使っても味の出方に雲泥の差があります。

こうして、私の20年余のニコカス人生を終わらせてくれた『NOSMO』は、短すぎる役目を終えてイラナイ子になりました。
『Nautilus Mini』のほうはリキッドの使い分けの為にアトマイザー単体を追加購入し、キットのバッテリー共々、バリバリの現役です。


電子たばこ・VAPEブログの人気ランキングはコチラです

0 件のコメント:

コメントを投稿